自分ファーストの生活実現応援サイト

読書による知の獲得は,「自分ファーストの生活を実現する土台」

当サイトでは,「読書」を大きなキーにして,お一人おひとりの「自分ファーストの生活の実現」または「そのための準備」を全力で支援しています

Weekly Column ~この1週間をふりかえって~

20211120-20211126を振り返る

 

【今週の一冊】

 

「世界の経営学者はいま何を考えているのか」 入山 章栄 ~第1回~

 

 

みなさんは,ゲーミフィケーション,という言葉をご存知でしょうか?

さまざまな定義がされているようですが,日本ゲーミフィケーション協会の定義によれば,

「楽しくてハマってしまうゲーム要素を活用して,能動的に人を行動させる仕組み」のこと,

2008年にコンピュータ・ソフトウェアの文脈で初めてオンラインで登場,

2010年に,ゲームの社会的・報酬的側面をソフトウェアに取り入れることを指す意味で,

広く普及したのだそうです

 

10年以上を経ている,ということで,

その言葉を知っている方は,それなりにいらっしゃるのだろう,と思います

が,言葉の意味を知っていたからといって,それを使えるかどうか,は,別問題なのも事実でしょう

一方で,今週の振り返りの問題でも取り上げている事例を見ると,

「そのしくみのポイント,活かし方のポイント」が見えてくるように思います

 

私たちが勉強する意味って,そういうことなんだろう,と思うわけです

世の中良くしたい,とか,自分がリッチになりたい,とか,自分の夢を叶えたい,とか,

それ以前に,自分の夢や目標を持ちたい,それがわからないから・・・とか,

いろいろと欲にあたるものはあるのだろうけれど,

いずれにしても,それを実現するには,課題があると考えられる

その時,自分一人で解決するには,あまりに人生は短いし,複雑化しすぎている

 

その時,恐らくは,たくさんの原理や原則,法則にあたるものが利用できるのだろうけれど,

それらの原理・原則,法則のような,抽象度が高いママ学ぶより,

事例の方がわかりやすい部分がある

その事例から,再度,抽象度をあげて理解すると,応用が利く

「ああ,それって,こういうことだ」とわかるから,

それを自分の解決したい課題に当てはめて,もう一度考えてみることができる・・・

 

「知の巨人の肩の上」に乗ってラクをする,には,

「何だかよくはわからないけれど,こういうものがある」という,存在を知っていた方が,

それらが持つ本当のパワーに近づきやすいのでしょうし,また,

それが大まかにどういうことなのか,事例レベルで知っていた方が,

結果,目の前にある課題の解決もラクなのだろう,と思うわけです

 

そうか,勉強って,ラクをするためにするのか

と,この今週のふり返りのオチを考えていたときに,思ったのでした

BOOKS

最新情報と関連した書籍をご紹介

HEALTH

何より体が資本

健康づくりのコーナー

NEWS

最新情報とふりかえりチェックテストのコーナー

Column

これまでのコラム記事をご紹介


運営メルマガ

まぐまぐよりメルマガ配信中!

本サイトへのアクセスなしに,ほぼデイリーで最新NEWSをお届け! 

ご登録はこちらのフォームから

 

※枠内にメールアドレスを入力されると,まぐまぐ社にて管理・登録されます